魅惑的なダイエット食品
魅惑的なダイエット食品
ホーム > 医療 > ステロイドの害を防ぐには?

ステロイドの害を防ぐには?

ステロイドの副作用による健康への害を防ぐには、ステロイドをあくまで一時的な処置と考えて、病気と向き合って治すという意識をもつことです。

 

最終的に病気を治せるのは、薬ではなく人体に備わる自己治癒力です。

 

そして、自己治癒力は他でもない自分自身で高める以外にはありません。このことには、食事や運動など生活習慣全般の改革が必要になってきます。

 

自己治癒力を高めていくことによって、ステロイドの使用量を減らし、やがては全く必要がなくなることが目指すところです。

 

しかし、これは決して簡単な道のりではありません。やはりあきらめてしまい、ステロイドに頼り切った生活で副作用のダメージで一層健康状態を悪化させる人は少なくありません。

 

特に仕事などで忙しい毎日を送っていたり、介護や子育て、その他の責任でプレッシャーやストレスの多い生活を送っていると、生活改革が必要と分かっていても、実行するには敷居が高すぎるように感じることがあると思います。

 

このときに大切なことは、簡単で続けやすいことから始めるということです。

 

一度に全てをやろうとすると、しばらくして自分自身からも周囲からも大きな反動が生じてうまくいかないことが多いようです。

 

これを解決するには、少しずつ続けて小さい成功体験を積むこと、効果を実感することです。

 

これができたなら、さらに大きな改革に取り組んでいくためのモチベーションが湧いていきます。

 

そこで、ステロイドの副作用が気になる方が最初に取り組む改革としてオススメしたいのが、乳酸菌習慣です。

 

ステロイドと乳酸菌

 

ステロイドが処方される病気には様々ありますが、共通するのは免疫・アレルギーの異常が生じているという点です。

 

なぜならステロイドは、免疫抑制作用と抗アレルギー作用がある薬だからです。

 

そして、乳酸菌は免疫やアレルギー症状に働きかけるのに最も適しています。大人アトピー本気のサプリメントこちら