魅惑的なダイエット食品
魅惑的なダイエット食品
ホーム > 医療 > 低年齢化する痛風と肥満からくる生活習慣病

低年齢化する痛風と肥満からくる生活習慣病

糖尿病や脂質異常症、さらに高尿酸血症の患者に共通してみられる特徴は、肥満とメタボリックシンドロームの人が多いようです。肥満と2型糖尿病の診断を受けた人が減量すると血糖値が低下することがよくありますが、同じく、高い尿酸値で太り気味の人が減量をすると、尿酸値が低下しはじめる事例が多いようです。

尿酸値とは血液の中の尿酸の濃度のことを示し、一般的には男性の方が多くを占めています。女性の場合はエストロゲン(女性ホルモン)の働きにより、尿酸の体外排出が促進されているためで、閉経を迎えるとその作用が減少するので尿酸値が上昇し始めるのです。

 

ストレスと尿酸値の関係は詳しくははっきりしていません、ストレスが腎機能に悪影響を与えて、尿酸の排出機能が落ちると言えます。

 

ストレスは内臓機能低下に深く関与することがわかっています。

ストレス社会では多くの人が経験していると思います。ストレスが癌の引き金になるとも言われている為、痛風のみならず病気の予防にはストレスへの対策をするということが大切です。

 

痛風を引き起こす原因となる高尿酸血症は注意が必要な病気です高尿酸血症のみでは症状は特に出ない為、健康上の問題はないと勘違いしてしまいがちです。その為、高尿酸血症が重大な異常とは思えず、高尿酸血症の予防や治療への興味が起きない為病気を悪化せ、痛風となって困惑することになります。尿酸値を低下させるためには、体に負担をかけ過ぎない有酸素運動がピッタリです。

ウォーキングやゆったりとしたペースでのジョギング、アクアビクスやサイクリングなどが当てはまります。

 

短距離走、筋肉トレーニングなどの無酸素運動となると目的がダイエットの場合には効果的ですが、急激に負荷のかかる運動をすると尿酸値を高くしてしまうので、尿酸値をなんとかしたい方は有酸素運動をこころがけてみましょう。食事などから摂取した脂肪は、脂肪酸に小腸で分解されてから、肝臓へと向かいます。ですが、糖分や脂質を摂りすぎることで、肝臓に運ばれる脂肪酸が増えてしまうと、肝臓で脂肪酸によって作られる中性脂肪が徐々に肝臓に蓄積されます。健康な肝臓でも3~5%の脂肪は含まれているものですが、その脂肪が5%より多い場合は脂肪肝と呼ばれています。痛風を患う患者数は増える傾向にあり、国内では90万とも100万とも言われています。これに合わせて血清尿酸値も男女とも上昇傾向にあります。痛風予備軍と言われる高尿酸血症も含めて、成人した男性の4人に1人と言われて、年々増えているようです。

 

 

痛風の発症年齢も低年齢化していて、50代から30代での発症へと変わりつつあります。

 

 

尿が酸性に傾くことにより、結石ができやすくなって、尿路結石や腎臓病などの合併症をひきおこす可能性がでてきます。

 

 

 

ですので、尿が酸性に傾き過ぎるのを防ぐために日頃からコントロールするように意識することがとても重要です。健康な人の尿酸値は男性では3.6~7.0mg/dl、女性は2.7~7.0mg/dlになり、男性女性に関わらず7mg/dlを超えると高尿酸血症の診断を受けます。尿酸値を下げるサプリメントとは?