魅惑的なダイエット食品
魅惑的なダイエット食品
ホーム > 子育て > 赤ちゃんのしゃっくりは止めたほうがいいの?

赤ちゃんのしゃっくりは止めたほうがいいの?

赤ちゃんは、しゃっくりを頻繁にするものです。しゃっくりというのは、肋骨の下あたりにある横隔膜が刺激されることによって、痙攣され引き起こされています。

 

赤ちゃんがしゃっくりを頻繁にするのは、ミルクを急に飲むことが多いため、胃や食道の動きによる刺激が原因となっています。さらに、赤ちゃんは自分でトイレに行くことができないため、常におむつをしています。

 

そのおむつが濡れていると体温も変化してしまうので、その体温変化が原因となって起こる場合もあるのです。

赤ちゃんはしゃっくりをよくするものですが、そのしゃっくりをしている様子はとても苦しそうに見えるものです。

 

しかし、実際は赤ちゃんはそこまで苦しくないといわれています。その理由は、赤ちゃんの心拍数は大人と比べてかなり早いのです。

 

そのため、痙攣なども早い間隔で起こるのです。そのような理由から、苦しく見えてしまうだけなのです。赤ちゃんは、しゃっくりが2時間や3時間とまらないというのはよく見られる現象のため、特に心配はいりません。

 

そのため、無理にとめようとする必要も特にないのです。放っておいたら自然とおさまるもののため、特に心配することなく見守ってあげることも大切なのです。

 

赤ちゃんのしゃっくりを止める方法にはいくつかあります。

 

まず、赤ちゃんのしゃっくりがなぜ起こるのか?ということですが

 

これは赤ちゃんの横隔膜がまだしっかりと発達していないためだと言われています。

横隔膜の痙攣によって、赤ちゃんのしゃっくりは起こってしまいます。

そのため、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

 

 

まずは、背中を優しくとんとん、としてあげます。

 

何度かとんとんとしてあげて、それでも止まらない場合には、体を少し温めてあげます。

 

体を温める場合には、赤ちゃんが暑がらないように注意をしてください。

 

それでも止まらない場合には、適度な温度のお湯を少し赤ちゃんにあげてみてください。

 

お湯をあげる場合には、きちんと飲みやすい温度にしてあげてください。

 

また、他には、おむつが濡れている場合に、刺激でしゃっくりが起こってしまうということがあります。

 

そのため、おむつが汚れていないかの確認をしてください。

 

「優しくとんとんと背中をたたく」「体を温めてあげる」「お湯を少し飲ませてみる」「おむつが濡れていないか確認する」

 

これらの方法で、しゃっくりはとまるはずですが、それでもとまらなければ

赤ちゃんを少しうつ伏せにしてみてください。子供の無添加青汁見つけました